~やさしい離婚協議書相談室~
   ◆離婚協議書の作成・ご相談
   ◆公正証書の作成サポート
 愛知県|名古屋市|野口行政書士事務所
 ☎ 052-265-9300(午後9時まで)

離婚届

離婚届に関する情報は、市町村役場のホームページで調べられます。まずは、そちらで調べてみましょう。
※参考→名古屋市の「離婚」に関するホームページ

離婚届の入手と届出

離婚届は、市区町村役場の戸籍を取扱っている窓口で入手できます。書き間違えたり、破れたりしたときのために、少し余分にもらっておきましょう。届出先は、お住いの市町村役場か、ご夫婦の本籍地の市町村役場です。
※参考→法務省のホームページ「離婚届」

届出に必要なもの

ご夫婦の本籍地以外の市区町村役場へ届出を出すときは、夫婦であることを証明するために、「戸籍謄本」が必要になります。戸籍謄本は本籍地(※)のある市町村役場でしか取れません。お住いの市町村と本籍地が遠い場合には、事前に取寄せておきましょう。郵送で取り寄せることも可能です。

最初に、離婚届の用紙をもらってくるときに、提出時に必要になるもの、注意することなど、確認しておくといいと思います。

離婚後の戸籍

夫婦の戸籍から出る方の人は、もともと自分が入っていた戸籍(※親の戸籍など)に戻るのか、それとも、自分一人だけの新しい戸籍を作るのか、あらかじめ決めておく必要があります。

これは、とても大事なことです。特に、未成年のお子さんがいらっしゃる場合、一緒に暮らすのか、お子さんの姓(名字)をどうするのかなど、離婚後の生活のことを具体的に考えて決めるようにしましょう。

親権者

未成年のお子さんがいらっしゃる場合には、そのお子さんの親権者をどちらにするのか、必ず決めておく必要があります。

一度決めた親権者を変更するには、家庭裁判所の許可が必要になるなど、簡単に変更することはできません。お子さんの将来を考えて、きちんと結論を出すようになさってください。

水を飲む女の子

離婚後の姓

結婚して姓が変わった方の人は、結婚する前の姓に戻ります。でも、結婚していたときの姓を、そのまま名乗ることもできます。ただし、結婚していたときの姓を名乗るときには、そのための手続きが別途必要になりますので、ご注意ください。

離婚後の生活のことを十分に考えたうえで決めることです。特に、お子さんがいらっしゃる場合には、いくつかの手続きが必要になるケースも出てきます。自分の場合は、どのような手続きが必要になるのか、事前にしっかりと調べておきましょう。

離婚届を出す前に準備しておきたいこと

健康保険、年金、税金のことなどは、離婚後すぐに手続きが必要になるものもあります。離婚後の生活のことを考えるときに、併せて、しっかりと調べて準備しておきたいところです。

また、お子さんがいらっしゃる場合には、お住まいになる都道府県や市区町村に、さまざまな支援や援助の制度が用意されているところもありますので、そのあたりのことも調べておくといいと思います。

離婚後の生活のことを、できる限り具体的に思い描いてみることが大切です。そして、その生活をするために必要になりそうなことを、事前に、できるだけ調べて、準備できることは準備して、離婚後の生活に対する不安を少しでも小さくしておきましょう。

初回相談・お見積り無料

お問合せ・初回相談は無料です。
ご相談の秘密は厳守いたします。
どうぞ、安心してご相談ください。

画像の説明

◆ご連絡・お問合せ先
離婚協議書は野口行政書士事務所
☎ 052-265-9300
受付時間:毎日 午前9時~午後9時
土日祝日も受け付けています。
※メールは24時間→画像の説明



画像の説明






















a:1576 t:2 y:1