離婚の書類作成 2022.2.5

こんにちは、行政書士の野口です。当事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は「離婚の書類作成」というテーマで書いてみます。

離婚をすることになったとき、書類を作って残しておこうか?どうしようか?とお考えの方がいらっしゃるかと思います。これを考えるということは「話し合って、なんらかの決めごとをした、約束をした」、あるいは「これから話し合いをして決めたり、約束したりしていきたい」というところかなと思います。

書類を作っておいた方がいいですか?

「こうしなければならない」という決まりはありません。これは、お二人が決めることであり、他人が決めることではないでしょう。人間は忘れることもあれば、時間が経てば記憶があやふやになっていくこともあります。もし、大事なことを約束して、それを忘れないようにしておきたいと思われるのでしたら、なにかの形にして残しておいた方がいいいのかなと思います。

じゃあ、なにかの形ってなんですか?

やっぱり、ふつうに考えて、わかりやすいのは、紙(書類)でしょうか。できれば、同じものを2つ作って、お二人が名前を書いてハンコを押して、それぞれが持っておくといいかと思います。

なにを、どんなふうに書けばいいでしょうか?

これは、お話をお聞きしないことには、なんとも言えません、というのが正直なところです。いつも書くことなのですが、ご事情は人それぞれ、本当にさまざまです。

一般的なことであれば、いまは、スマホ等で調べれば、養育費、財産分与、面会交流、その他、書類のひな型など、いろいろな情報が出ています。それらを調べながら、参考になるものは参考にしてみるのがいいかと思います。

もし、書類の作成を誰かに頼もうかな?ということであれば、いつでもご遠慮なくご連絡ください。

当事務所では…
「離婚協議書の作成」
「離婚公正証書の原案作成」
「公正証書の作成サポート」
「それらに関わるご相談」をうけたまわっています。

・これから、具体的な話し合いを始める
(始めようと思っている)
・いま、離婚についての話し合い中
・ほぼ、話し合いができたので、具体的に書類作成を考えたい
・離婚協議書、公正証書のことを聞いてみたい
・その他

土日祝日も含めて「午前10時~午後9時」まで、お電話でのご相談を受け付けています。あなたのお話を、きちんとお聞きします。気になること、聞いてみたいことなどがありましたら、どうぞ、ご遠慮なくご連絡ください。

別のところで話を聞いたけど、他の人の話も聞いてみたいという方も、セカンドオピニオンのような感じで、ご遠慮なくご連絡いただいて大丈夫です。


お問合せ・初回相談は無料です。
ご相談の秘密は厳守いたします。
どうぞ、安心してご相談ください。

画像の説明

◆ご連絡・お問合せ先
離婚協議書は野口行政書士事務所
☎ 052-265-9300
受付時間:毎日 午前10時~午後9時
土日祝日も受け付けています。
※メールは24時間→画像の説明














































a:62 t:1 y:0